婚活パーティーの口コミ本当のところ

シャンクレール体験談-本当は婚活パーティー行きたくないのだ

長身・イケメン・高収入の3拍子揃った38歳登場!

Aさんが正面に座ってきたとき、本当にビックリしました。

 

・・・ものすごいイケメンだったので!!

 

藤木直人さんに似ている、ステキな笑顔の持ち主。

 

さっそくAさんのプロフィールカードを見てみると、身長178cm・年収700万と言うじゃないですか。

 

いきなり、高スペックキターーー!!

 

ただし、お仕事は自営業とのことでした。「自営業はリスクがあるから、女性にアプローチしても断られがちなんです」とAさん。

 

パッと見た感じ、「なんでこんな、放っておいてもモテそうな人が婚活パーティーに??」

 

と思うほどのイケメンで、一瞬スゴく怪しいと思ってしまったけど、なるほど自営業でしたか。

 

たしかに自営業の人は、婚活市場ではデメリットになります。

 

会話が盛り上がりかけたところで交代の合図が鳴ってしまったため、彼が席を離れるときに「またあとでお話の続きお願いします!!」と声をかけてアピールをしました。

 

チェックシートには彼の番号と「イケメン、自営業」としっかりメモメモ。二重丸もつけちゃいました。

 

お次は、会社社長のBさん39歳

で、でたー!!社長!!

 

やや強面で、アラフォーにしてすでに舘ひろしさんのような風格があるBさん、39歳。

 

おそらくオーダーメイドであろうスーツをビシっと着こなし、腕にはキラキラ・・・いや、ギラギラと光るロレックス。

 

ほぼ真っ黒に近い小麦色のお肌に、やたら白く光る歯(笑)とにかく異彩を放ちまくりのBさんがなんだかとても気になりました。

 

年収なんと2,000万円なり!職業は会社社長とありました。

 

過去の経験から、うさんくさい金持ちオーラを発する男性にはこりごりなはずなのに、「もしかしたら今度こそ本物のセレブかも」という淡い期待を抱いてしまいました。

 

プロフィール記載内容が真実であれば、Bさんもとっくに結婚していておかしくないようなスペック。

 

そこで、「どうしてこれまで独身で?」と聞いてみると、Bさん、「とにかく会社を軌道に乗せるのに精一杯で、結婚のことまでは考えられなかった」とのことでした。

 

Bさんは積極的に話題を振ってくれました。超肉食!野心家!!な感じも好みだったため、チェックシートには「社長、色黒」とメモりました。

 

中間印象カードで相手の気持ちを確認

シャンクレールでは、全員の男性が一周すると、中間印象として「第一印象カード」を提出します。

 

カードには、気になる人の番号に丸をつけるだけ。

 

せっかくお気に入りの相手がいても、番号を覚えてないとここでお手上げなので!!最低限、気になる人の番号だけはメモに控えておきましょうネ。

 

私はAさんとBさんの番号に丸をつけて提出しました。

 

ところでこの第一印象(中間印象)カード。最終的なカップリングに直接影響はしませんが、シャンクレールではのちのフリータイムで、丸がついた相手にスタッフさんが「XX番の人が、あなたのことお気に入りにいれてますよ!」と知らせてくれます。

 

シャンクレールはこのように、最終カップリング前に自分に好意を持っている人がわかる仕組みになっているのです。

 

ちなみに、AさんもBさんも、私に丸をつけていてくれていたようでした(*^_^*)

 

そしてフリータイムがはじまる

さて、シャンクレールの婚活パーティーも後半戦に突入です。

 

男性も女性も自由に動いて良し!とのアナウンスをされますが、実際のところ動いていたのは男性のみ。

 

ビギナーズラックなのか、私の前には男性が数人、来てくれました。ありがたやーーー(T v T)

 

しかし、並んでいる男性を見ると、あれ、Aさんがいない。

 

フリータイムは、1人とおしゃべりできる時間が5分と長いため、フリータイム全体でだいたい4人か5人くらいとしか話せません。

 

それなのに、既にAさん以外の人が4人並んでくれている!早く来てくれないとフリータイムでお話できないよ、Aさぁーーーん!

 

仕方ない。アレに頼るしかないか・・・。

 

実はシャンクレールには「メッセージカード」というものがありまして。

 

これは、フリータイム中に連絡先を記入して渡せるというもの。つまり、カップリングしなくても連絡先を交換できるのです。スバラシイよこれ!!

 

何としてもこのメッセージカードを使って、Aさんとフリータイム中に連絡先を交換したい!

 

そのためには、なんとかフリータイム中にAさんと接点を持たなければ・・・!

 

いよいよフリータイム終盤になって、やっとやっと私の列に並んでくれたAさん。

 

しかし、もうAさんまで順番は回ってこないことは明白だったため、フリータイム終了の合図が鳴った数秒の隙に急いでAさんの近くにいき、「カップリング、あなたの番号を書きます!」と宣言をしました。

 

めちゃ恥ずかしかったけれど、この死ぬ気のアピールがあとで報われる結果に!

 

やったぁー!カップリング成立^ ^

とうとうシャンクレールパーティー最後のイベント、カップリングタイムです。

 

渡された「告白カード」にカップリングしたい人の名前を書きます。

 

第5希望まで書けるので、第1希望にAさんを。第2希望にBさんの番号を書きました。

 

ちなみにカップリング成立は、番号のみで発表されます。

 

先にAさんの番号が呼ばれ、緊張が高まったその直後、、、

 

私の番号が、よ、よ、呼ばれたあぁぁー!(≧∇≦)

 

必死のアピールの甲斐がありました!!

 

その日は私たちの他にも7、8組のカップルが誕生していました。約半数なので、まさに看板に偽りなしですね。

 

婚活パーティーはそのままお開き。カップリングした人達は会場出口あたりで落ちあい、その後どうするかは各自の判断に任されます。

 

気のあるそぶりを見せまくったBさんとすれ違った時は、若干気まずかったですが。

 

実はBさんとも、フリータイム中にメッセージカードは交換済み!連絡先はゲットしているし、後日なんとでも言えるから今は気にしない(笑

 

Aさんと合流したあとは、駅までお話しながらのんびり歩き、パーティー中にできなかった連絡先を交換して解散しました。(その日は夜遅かったので、無理にがつがつデートに誘わないところもまた良かった)

 

シャンクレールの婚活パーティー参加料金

私の参加したシャンクレールのパーティーは男性が6,000円・女性が1,000円でしたが、ネット予約割引で500円オフになったため、実質500円で参加することができました。

 

基本的には、女性の数倍の金額を男性が支払うという料金設定になっています。

 

パーティーの種類によって、参加費用は女性で安くて500円、高いものだと2,500円の時もありますが、比較的シャンクレールの料金設定は女性に優しめ。

 

例外はありますが、ほとんどの案件が割引を使えば1,000円以下で参加できます!

 

つづく↓

ホワイトキー体験談-うまくいかない時期は行くのやめていい!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ひろせ いちか

ひろせ いちか

30代バツイチの女。前の結婚は元ダンナの不倫が原因で離婚。1人息子との生活最優先で、たまに恋愛リハビリ中。「再婚にこだわらない」「自分を追い詰めない」「他人様の邪魔はしない」という自分との約束を守りつつ、ゆるーく自由恋愛しています♪

© 2021 再婚活シンデレラ